BLOG

デジタル化に向けて

今年の初めに“デジタルリーダーシップ”というメルマガを配信してから、すでに10か月がたちました。この10か月の間で、弊社の所属するトレノケートグループでも、VRのベンチャー企業、AIのベンチャー企業、2社の企業と資本提携をしました。

それぞれの企業の創業者と話す機会があり、顧客の傾向の話を聴いてみました。共通していた話が、VRやAIに興味を示す企業は多いが、どの企業もVRやAIを導入する準備ができてなく、導入するまでの準備の多さにあきらめる企業が多いとのことでした。VRやAIを活用するためには、データの存在がとても重要、しかし、組織内のデータが整理されておらず、活用できる状態にない企業が多いとのことでした。

それではどのような組織だとデータが整理されているのでしょうか?

とある団体が2018年に行ったリサーチによると、データが活用できる状態にあり、データに基づく意思決定をしている組織の特徴として、5つの要素を特定していました。

「強い組織文化が存在」
「初めてのことに挑戦できる雰囲気」
「デジタルに関する感度が高い」
「将来の目標が明確」
「柔軟で機敏な組織」

今年の初めのメルマガで紹介した、マッキンゼーが2135人に対して2016年に実施したサーベイでも、「デジタル化を促進するための障害は?」と質問したところ、「33%が企業文化や行動」、「25%がデジタルトレンドの知識不足」という回答で1位と2位を占めているという結果でした。 このようなリサーチを見ると、今後さらにデジタル化を推進する必要が高まる企業では、求められるリーダーシップ像として、デジタル技術の知識、それを駆使したときの未来を描き、既存ビジネスからの変革、そのための戦略を立て、イノベーションを起こすべく、周囲を巻き込んでいくリーダーではないでしょうか?

そのようなリーダーの育成をサポートするために、Quintegralが所属するTrainocate Groupは、さまざまな技術分野のITトレーニングを開発・ご提供しております。 AMAプログラムと併せて、ご覧ください。

デジタル・ビジネス創造人材育成
IoTビジネス創造
AIビジネス創造
協働的リーダーシップ
ストラテジックプランニング - 先眼力を高めシナリオを描く
VUCA時代のリーダーシップ - 不確実性に備えるビジネスストーリーを描く
クリエイティビティ&イノベーション - 逆発想の成功術
クリティカルシンキング - 思い込みを排除し、本質を見抜く
AMA 5-Day “MBA” ワークショップ
ボイス・オブ・リーダーシップ
ストラテジーエクセキューション – 戦略実行への鍵

上記プログラムの詳細などに関しては、ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

公開コース

クインテグラルで提供する公開コースは、世界最大の人材育成コンサルティング組織であるAmerican Management Association(AMA)のコンテンツです。日本語のみならず、実務経験豊かな外国人講師が英語で提供するコースも多数ご用意させていただいておりますので、ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

※すべてPDU対象コースとなります。

新着コースのご紹介
AMA NYで人気のコンテンツをローカライズせずに、ご提供いたします。

定番&おすすめコースのご紹介

英語実施コースのご紹介(ネイティブ講師が担当します)

※公開セミナーの日本語でのご紹介/お申し込みはこちらです。


AMAは、1923年にニューヨークで設立されたマネジメント研修の分野で世界を代表する国際教育研修機関です。世界において10万人以上の個人クライ アントと約1万社もの法人クライアントから高い評価を受けています。 グローバルナレッジマネジメントセンターは、2012年2月より、AMA (American Management Association)のサービスを国内で唯一提供する会社として設立され、2017年10月、アジアへのAMAサービス展開 に合わせ、社名をクインテグラル株式会社に変更いたしました。


一覧ページへ

お問い合わせ・資料請求はこちら

03-3347-9740

月曜日 ~ 金曜日 9:00~17:30

休業日:土曜日・日曜日、 国民の祝日、年末年始休日 (12/29~1/4)