プログラムラインナップ

[ASP]ハラスメントの理解と防止策

コース概要

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の理解が世界的に拡がり、時短勤務や女性活躍推進に一層力が注がれています。併せて、企業の対応で着目されているのが、会社のコンプライアンス遵守、そしてハラスメントへの措置です。
これまで、事業者に対する「セクシュアルハラスメント」への措置義務はあったものの、「パワーハラスメント」に対する防止措置義務はありませんでした。しかし、パワーハラスメントの問題が深刻化するなか、2020年6月1日より、大企業に対し、パワーハラスメント防止の取り組みが法律で義務付けられました(中小企業は2022年から本格的施行の予定)。パワーハラスメント、セクシュアルハラスメントの影響は個人だけでなく、企業へも及びます。その影響は企業のイメージを悪化させ、人材の流出などに繋がる大きなものです。
本プログラムでは、パワーハラスメントやセクシュアルハラスメントへの理解を促し、防止策について学びます。また、全社員への教育が必要となる内容であることから、無理なく学習いただくためにe-Learningでご提供します。

標準学習時間: 1時間 受講期間: ID発行より3ヶ月

インフォメーション

  • 価格
  • お問い合わせください
  • 言語
  • 日本語
  • 講師
  • 開催場所
  • 期間
  • 1 日 (標準学習時間: 1時間)

学習目標

  • ● パワーハラスメント、セクシュアルハラスメントとは何か、ハラスメントの影響、実際の裁判例を知り、防止策を学ぶ
  • ● 他ハラスメントについて理解する
  • ● メンタルヘルスケアについて学ぶ
  • ● 会社の方針や相談先を知る

対象者

  • ● すべてのビジネスプロフェッショナルの方
  • ● 本プログラムは、多くの方が同一のコンテンツを受講できるように、日本語/英語対応、音声ガイダンス、スクリプト表示対応となっています。

学習内容

1. ハラスメントとは
2. パワーハラスメント
 - パワーハラスメント(パワハラ)とは
 - パワハラの影響
 - パワハラの類型と説明
 - パワハラに関連する事例
 - 注意点とセルフチェック
3. セクシュアルハラスメント
 - セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは
 - セクハラの影響
 - セクハラの種類と説明
 - セクハラ事例
 - 注意点とセルフチェック
4. その他のハラスメント
 - マタニティーハラスメント
 - リモートでのハラスメント
5. メンタルヘルスケア
 - メンタルヘルスケアとは
 - 「4つのケア」

前提条件/事前課題

特になし

お問い合わせ・資料請求はこちら

03-3347-9740

月曜日 ~ 金曜日 9:00~17:30

休業日:土曜日・日曜日、 国民の祝日、年末年始休日 (12/29~1/4)