プログラムラインナップ

プログラム名: 【PDU対象】VUCA時代に描くビジネスストーリー ~ワークショップ~

    • 日本語
    • English
    • 経営層
    • 管理職
    • 中堅社員
    • 営業職
    • 社内マイノリティ
    • ハイポテンシャル
    • 若手・新入社員

経営のビジネス環境変化が速いこのような時代にビジネスパーソンはどのように対処したらよいのでしょうか?

今日のビジネスは今までよりも増して、VUCA ①変動性(Volatility) ②不確実性(Uncertainty)③複雑性(Complexity ) ④曖昧性(Ambiguity)という実に不安定で不確実性が高く、複雑かつ曖昧なビジネス環境の中で、リーダーはクリティカルな意思決定をしなくてはなりません。

このようなVUCAの時代ではマクロ環境における環境認識力や課題抽出力、過去と未来を繋げるトレンド洞察力など、様々な未来に起こり得る出来事に対して、いかに複数のビジネスストーリーを描ききる事が出来るかが重要な鍵となってきます。

このコースでは国内外問わず自分を取り巻くビジネス環境を洞察し、「そこから何が言えるのか」、未来に問いかけることで自分のビジネスストーリーを作り出します。
このような能力を強化することで俯瞰した視野を持ち、リスクマネジメントやビジネスチャンスに繋げた高いビジネスセンスを養うことが出来ます。

受講対象者

  • 先の見えないビジネス環境の中で質の高い意思決定が求められる全ての管理職の方
  • より高い情報収集力、分析力により自己の専門性を高めたいビジネスプロフェッショナルの方

前提条件

特になし

セミナーの狙い

  • 今日のビジネス環境における不確実性を理解し、将来起こり得る様々な環境の変化に対応するリーダーとしての「構え方」を醸成する
  • 様々な切り口から情報を収集し、横断的視野で俯瞰することで、より創造的な社会の変化動向を捉える
  • 不確実性への準備をすることでリスクマネジメントやビジネスチャンス創出に繋げられるようになる
  • 自社の未来像をイメージしてリーダーとして意思決定の質とスピードを高める

セミナーアウトライン

  1. イントロダクション
    • VUCAの時代
    • 想定外を想定する?
    • ビジネスストーリーの重要性
  2. ビジネスストーリーとは
    • ビジネスストーリーの類義語
    • ビジネスストーリーとは
    • 複数のビジネスストーリーを描くことのメリット
  3. ビジネスストーリーを描く
    • テーマを決める
    • 環境要因(ファクター)を決める
    • 情報収集する
    • 情報を分析しドライビングフォースを見つける
    • キードライビングフォースを見つける
    • 不確実性と影響度
    • 複数のシナリオを描く
    • 連想と拡散
    • ビジネスストーリーを描く

    【研修の進め方】インタラクティブレクチャー、グループディスカッション、個人ワーク、ケーススタディ

お問い合わせ・資料請求はこちら

03-3347-9740

月曜日 ~ 金曜日 9:00~17:30

休業日:土曜日・日曜日、 国民の祝日、年末年始休日 (12/29~1/4)