プログラムラインナップ

プログラム名: 【PDU対象】遠距離から管理する

    • 日本語
    • English
    • 経営層
    • 管理職
    • 中堅社員
    • 営業職
    • 社内マイノリティ
    • ハイポテンシャル
    • 若手・新入社員

市場のグローバル化とITの発達によって、異なる地域や文化、言語を持ちながら一つのチームメンバーとして協働してプロジェクトを推進するリモートチームは、今や珍しいものはありません。
しかし、一見距離が離れているだけに見えるこうしたチームの運営と管理は簡単なことではありません。距離が離れ、対面せず、さらに文化や言語違いが加わることによって、チームマネジメントにはどのような弊害が生じるのでしょうか?
このセミナーでは、リモートチームにはどのような課題があるかを明確にし、チームのリーダーが信頼を構築して効果的なコミュニケーション、パフォーマンスマネジメント、コーチングを通してリモートチームとしてのシナジーを生み出すためのチームの運営・管理方法を習得します。

受講対象者

グローバルチームや距離の離れたチームを管理するプロジェクトリーダーやマネージャー、リーダーの方

前提条件

特になし

セミナーの狙い

  • リモートチームリーダーとして直面する課題とリーダーに求められる役割を理解する
  • 距離や依存度によって異なるリモートチームのニーズを理解する
  • リモートチームに効果的なツールやテクニック、テクノロジーを活用する方法を知る
  • 距離が離れていても効果的なパフォーマンス管理方法を知る
  • リモートチームとして効果的な信頼を得る方法、繋がりを維持する方法を知る
  • リモートチームのミーティングファシリテーション方法と影響力の及ぼし方を学ぶ

セミナーアウトライン

(1日目)

  1. リモートメンバーと働く
    距離が離れたメンバー(リモートメンバー)とそうでないメンバーと働く場合の違い、利点、問題点について考えます。
    【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション
  2. リモートチームをマネージする
    リモートチームを管理するマネジャーの意識や役割を確認します。
    また、自身の抱えるメンバーへの依存度を分析します。
    リモートチームメンバーに必要なコンピテンシーが何かを確認し、自チームのメンバーそれぞれの強み・改善点を明確にします。
    さらに高業績を生むリモートチームの特性を知り、自チームで特に必要だと思われる点が何かを考えます。
    【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション、個人作業
  3. 信頼関係を築く
    リモートチームだからこそ重要となる信頼関係について考えます。
    マネジャーである自分自身とチームメンバーとの信頼関係、さらにはメンバー同士の信頼関係の現状を分析した上で、信頼を高めるにはマネジャーとして具体的に何をすればよいのかを議論を通して明確化します。
    【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション、個人作業
  4. リモートメンバーとのコミュニケーション
    リモートメンバーとの信頼を築き、業務を効率的に進める上で重要であるコミュニケーションについて学びます。
    リモートメンバーとコミュニケーションする上で意識すべき点、コミュニケーション手段、状況に応じて取るべきコミュニケーション方法を議論を通して確認します。
    さらに、文化や世代、ジェンダー、さらに環境の異なるメンバー同士のコミュニケーションで起こり得る理解や認識の違いをゲームを通して認識し、さらに距離が加わった際に生じるコンフリクトを事前に防ぐ方法や対応方法を学びます。
    【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション、個人作業

    (2日目)

  5. リモートチームの業績を管理する
    リモートチームメンバーの業績管理をする上で特に工夫すべき点を確認します。
    マネジャーとして、チームメンバーの業績管理をする上での課題をケーススタディをもとに認識し、解決策を考えます。
    またチームメンバーそれぞれの業績、意欲、能力に応じた開発計画を立てるために、メンバーをマッピングして現状を把握します。
    【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション、演習、個人作業
  6. バーチャルコーチング
    リモートメンバーに期待する成果を実現してもらうため、あるいは能力を向上してもらうための支援策として、バーチャルコーチングの方法とコツを学びます。
    特にバーチャル環境だからこそ生じる課題や留意点に焦点を置きます。
    【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション、演習
  7. バーチャルミーティング
    バーチャル環境で行うミーティングを実施する上で気を付けるべき点、効果的なプロセスを確認します。
    バーチャル環境を想定した会議をケーススタディをもとに実施し、直面した事象や想定されるコンフリクトの体験を通して、実務での活用法を学びます。
    【進め方】インタラクティブレクチャー、ディスカッション、演習、個人作業
  8. まとめとアクションプラン

お問い合わせ・資料請求はこちら

03-3347-9740

月曜日 ~ 金曜日 9:00~17:30

休業日:土曜日・日曜日、 国民の祝日、年末年始休日 (12/29~1/4)