プログラムラインナップ

プログラム名: 【PDU対象】問題解決/意思決定

    • 日本語
    • English
    • 経営層
    • 管理職
    • 中堅社員
    • 営業職
    • 社内マイノリティ
    • ハイポテンシャル
    • 若手・新入社員

不確実性の増した今日のビジネス環境においては、社員ひとりひとりが目の前にある課題や問題を的確に捉えて、その問題を解決するために自ら考えられることが求められています。

このプログラムでは、現状を理解し、問題が何であるかを明確化し、さらにその解決法を探るためのアイディアの出し方から意思決定方法、解決策を確実に実行に結びつけるためのプロセスと実行後の結果の評価方法までの一連の流れを学びます。

受講対象者

効果的な問題解決および実行プロセスを習得したいすべてのビジネスパーソンの方

前提条件

特になし

セミナーの狙い

  • 物事を論理的に捉えられるようになる
  • 問題を明確に認識するための現状理解を的確にできるようになる
  • 原因分析のための分析ツールを使うことができるようになる
  • 様々な方法で解決のためのアイディアを生み出せるようになる
  • 一つの解決策でなく多くの解決策から最善のものを導き出せるようになる
  • 早期の問題解決力が可能となるフレームワークが活用できるようになる
  • 問題解決に自信が持てるようになる

セミナーアウトライン

(1日目)

  1. 問題解決力を高めるには
    強い企業は、社員ひとりひとりが問題解決をする上での考え方や行動、共通言語、さらには問題解決を導くリーダーシップを発揮する風土が備わっている、という前提のもとで、強い組織に移行するために持つべき思考について学びます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、個人作業
  2. 問題解決力とは何か?
    そもそも問題とはどういった状態を示すのか、問題を「解決する」こととはどういった状態を示すのかを、発生する問題のタイプ(突然発生型/改善型問題/改革型問題)別に検証します。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、個人作業
  3. 問題解決の手順
    主として「突然発生型」「改善型」の手法のプロセス(ステップ5まで)について学びます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、個人作業
  4. 問題設定・目標設定
    「突然発生型」「改善型」の問題解決プロセスのうち、最初の2つのステップ①問題設定②目標設定方法を演習を通して学びます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、個人作業
  5. フレームワークと分析ツール
    目標設定や原因分析、解決策立案の際に役立つロジカルシンキングの手法、MECE、ロジックツリー、マインドマップRなどを学びます。
    MECEは、その重要性、やり方を演習を通して学びます。
    またMECEを基盤として、様々な状況で活用できるフレームワークをご紹介します。
    ロジックツリーは、そのタイプ、活用法、使用上の注意点など演習を通して学びます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、グループ作業、個人作業

    (2日目)

  6. 原因分析
    「突然発生型」「改善型」の問題解決プロセスのステップ3である原因分析について、問題の原因をモレなく、ダブリなく洗い出し、体系的に整理する方法を学びます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、グループ作業
  7. 解決策立案
    「突然発生型」「改善型」問題解決プロセスのステップ4である解決策の立案について学びます。
    立案においては、その原因を解決できる案を網羅的に考えることが必要であることから、分析ツール(MECE/プレインストーミング/ロジックツリー/意思決定)を活用して体系化し、出てきた対策案に優先順位をつける方法を学びます。
    解決のもととなるアイディアの出し方、アイディアの収束方法、体系化、選定方法を演習を通して学びます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、グループ作業
  8. 解決策の実施
    「突然発生型」「改善型」問題解決プロセスの最終ステップである実施方法を学びます。
    解決策の実行を確実なものにするための経営管理サイクル(PDCA)を確認し、これをひとつのプロジェクトしてマネジメントする上で注意点、実行計画書の作成方法について学びます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、個人作業

お問い合わせ・資料請求はこちら

03-3347-9740

月曜日 ~ 金曜日 9:00~17:30

休業日:土曜日・日曜日、 国民の祝日、年末年始休日 (12/29~1/4)