プログラムラインナップ

プログラム名: 【PDU対象】エッセンシャルマネジメントスキル ~ 人を通して成果をつくる ~

    • 日本語
    • English
    • 経営層
    • 管理職
    • 中堅社員
    • 営業職
    • 社内マイノリティ
    • ハイポテンシャル
    • 若手・新入社員

ビジネスのグローバル化や、人材の多様化が進み、組織を管理するマネジャーには、これまでにも増して、グローバルな視点や多様な人材を活用する能力が求められています。
変化の時代に対応できるマネジャーになるためには、「経営者の視点」とより高い「責任意識」を持って、マネジメントに臨むことが重要です。
本セミナーでは、今日のビジネス環境において必要な意識(経営者の視点/責任意識/変化と多様性への対応)を高め、「人を通して成果を作る」ためのエッセンシャルなスキルのすべてを修得します。
【エッセンシャルとは?】必須の、本質的な、最も重要な

受講対象者

  • 新任マネジャーもしくはこれからマネジャーとなる方
  • マネジャーに必要な知識とスキルを習得したい方
  • 経営者の視点と責任意識を身につけたい方
  • 部下とのコミュニケーションを改善したい方
  • 主体的に考え、行動を起こす部下を育成したいと考えている方

前提条件

特になし

セミナーの狙い

  • 変化の時代におけるマネジャーの役割と責任を理解する
  • 責任意識を高め、主体的に考え、行動を起こす
  • 長期の視点とマクロの視点で、マネジメントを捉える
  • 多様な人材を活用出来るようにするため、個人の特色を把握、尊重し、能力を最大限に引き出す
  • 効果的なコミュニケーションスキルを身につける
  • 成果をあげるためのモチベーションとコーチングスキルを習得する
  • 公正なパフォーマンス評価の仕方を学ぶ
  • 部下の責任意識を高め、スキルアップを目指すデリゲーションの仕方を学ぶ

セミナーアウトライン

イントロダクション
研修の背景、目的、研修を通して成果を得る方法を明確にします。
また、マネジャーの役割および優れたマネジャーに関してディスカッションをします。
【進行方法】インタラクティブレクチャー、グループディスカッション

  1. 変化の時代のマネジャー
    自己評価シート(アセスメント)を通して、変化の時代のマネジャーに必要なこと、および自分自身の課題に気づいていただきます。また、マネジャーに必要な経営者意識について学びます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、個人作業
  2. パフォーマンスマネジメント
    マネジャーの役割について理解し、役割を果たすために必要な様々なスキル(目標設定/モティベーション/フィードバック/コーチング/パフォーマンス評価/デリゲーション)について体系的に学びます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー
  3. 部下の目標設定をサポートするマネジャーとして達成したい部署の目標を明確にし、SMARTな目標設定の仕方について学びます。
    また部下の目標設定をサポートする方法を習得します。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、個人作業、ペアワーク
  4. 多様な人材をマネージする
    ダイバーシティマネジメントとは何か、ダイバーシティの理解と受容、活用についてマネジャーとして必要な意識を学びます。
    また、多様な人材を効果的に管理するため、パーソナルスタイルアセスメントを使い、部下のスタイルを理解し、対応の仕方や動機付けの方法を考えます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、個人作業、グループディスカッション
  5. 効果的なモチベーション
    人が動機づけされる要因(衛生要因・動機付け要因)について学び、自分の部下が何によって動機付けされるかについて考えます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、個人作業

    (2日目)

  6. 効果的なフィードバック
    マネジャーとして部下に与えるフィードバックの必要性を理解し、2種類のフィードバック(肯定的フィードバック、建設的(矯正的)フィードバック)の与え方を学びます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、個人作業、ペアワーク
  7. 効果的なリスニング
    傾聴(アクティブリスニング)の重要性と難しさを理解します。
    また傾聴するために心がけるべき4つの要素、Volition(意志)、Attending(関心 )、Understanding(理解 )、Responding(反応)を演習を通して学びます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、ペアワーク
  8. 成果をあげるコーチング
    コーチングの効果を理解し、マネジャーとしてコーチングの手法を学びます。
    コーチングに必要な3つのスキル(共感のスキル、傾聴のスキル、質問のスキル)、コーチングの基本モデル(GROWモデル)について、演習を通して学びます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、ペアワーク、グループ演習
  9. パフォーマンス評価
    パフォーマンス評価の意義を理解し、エバリュエーションミーティングを効果的に行うための準備や進め方について学びます。
    また、ワークシートを通して、タスクアナリシスとギャップアナリシスの方法を学び、部下の仕事ぶりを改善するための対応策を考えます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、個人作業
  10. デリゲーション(仕事の委任)
    デリゲーションの目的、メリット、障害をディスカッションを通じて明確にします。
    また、ワークシートを使ってデリゲートする仕事と相手を選ぶ方法と、事前準備、進め方、フォローアップについて学びます。
    【進行方法】インタラクティブレクチャー、グループディスカッション、個人作業

お問い合わせ・資料請求はこちら

03-3347-9740

月曜日 ~ 金曜日 9:00~17:30

休業日:土曜日・日曜日、 国民の祝日、年末年始休日 (12/29~1/4)