プログラムラインナップ

プログラム名: 【Liveオンライン】Accountability(責任者意識)を持ち環境の変化に対応する

    • 日本語
    • English
    • 経営層
    • 管理職
    • 中堅社員
    • 営業職
    • 社内マイノリティ
    • ハイポテンシャル
    • 若手・新入社員

【オンライン対応コース(Zoom使用)】 本コースは、PCやタブレット等を通してオンラインでご参加いただけます。

急激に変化するビジネス環境に振り回される状況で「環境や周囲のせいにしているかもしれない」「ストレスが溜まっているかもしれない」と感じることはありませんか?
しかし環境や周囲を責めても状況は変わりません。物事の見方をチェンジする必要があります。

本コースでは、言葉を変換して、非責任意識(被害者意識)からアカウンタビリティ(責任者意識)にチェンジすることで、行動を変え、自分ができることを見つけていく方法を学びます。

<本コースの特徴>
短時間(1.5H)のウェビナー形式で、一度に多くの受講者にアカウンタビリティ(責任意者識)とは何か、またその重要性を伝えることができ、組織内での共通言語の浸透に役立ちます。

受講対象者

– 変化に翻弄され、対応できていないと感じている方
– 物事に対して、自分に何ができるかという責任者意識の強化が必要な方

セミナーの狙い

  • ビジネス環境の変化の中におけるアカウンタビリティ(責任者意識)の重要性について理解する
  • 非責任意識(被害者意識)から、アカウンタビリティ(責任者意識)を持つことによる影響を理解する
  • アカウンタビリティ(責任者意識)への言葉の変化について理解する

セミナーアウトライン

  1. 環境の変化について考える
    ビジネス環境の変化におけるアカウンタビリティ(責任者意識)の必要性について、グループワークを通しながら学びます。
  2. 現実と意識
    現状、どのような不満やストレスを持っているかを考え、グループで共有します。
  3. 非責任意識(被害者意識)とアカウンタビリティ(責任者意識)で起こること
    アカウンタビリティ(責任者意識)がある/ないときに、それぞれどのような変化が起きるのかを考えます。
  4. 非責任意識(被害者意識)とアカウンタビリティ(責任者意識)への変換
    個人ワークを通し、非責任意識(被害者意識)の言動からアカウンタビリティ(責任者意識)の言動へ変換させる言葉の置き換えの練習を行います。

※上記は参考例です。詳細やカスタマイズのご要望につきましては、ご相談ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

03-3347-9740

月曜日 ~ 金曜日 9:00~17:30

休業日:土曜日・日曜日、 国民の祝日、年末年始休日 (12/29~1/4)