プログラムラインナップ

プログラム名: How to Communicate with Diplomacy, Tact and Credibility in Japanese

    • 日本語
    • English
    • 経営層
    • 管理職
    • 中堅社員
    • 営業職
    • 社内マイノリティ
    • ハイポテンシャル
    • 若手・新入社員

困難な状況下であっても、首尾一貫したプロフェッショナルなコミュニケーターへ

コミュニケーションの取り方が、あなたのプロフェッショナルとしてのイメージを左右します。また、あなたの仕事やパフォーマンスに対する周囲の人たちからの見え方にも影響します。それと同時に、あなたのキャリアアップやキャリアパスの見通しにも直接影響を与えるのです。
残念ながら、外交的で機転の利く、信頼できるコミュニケーションは、必ずしも自然にきるものではありません。また、自然にできていたとしても、感情や軋轢などでいとも簡単に崩れてしまいます。あらゆる場面で、プロフェッショナルなコミュニケーターになるためには、意識とトレーニング、そして実証済みのテクニックを応用するノウハウが必要です。
本プログラムは、ビジネスの様々な場面で、最適な言葉の選び方や感情を表すトーンの使い方を学びます。また、自分のコミュニケーションスタイルや相手のコミュニケーションスタイルを理解し、情報、アイデア、思考、感情、ニーズなどを明確かつ効果的に受け取り、伝えるスキルを身につけます。

受講対象者

どんな状況であっても、ポジティブにプロフェッショナルなコミュニケーションが図れるスキルを身に付けたいと望まれるすべてのビジネスプロフェッショナルの方

前提条件

特になし

セミナーの狙い

  • 信頼性の高い効果的なコミュニケーターになるために、外交術と機転を利用する
  • コミュニケーションが自分のイメージに与える影響をマネージする
  • 自分のコミュニケーションスタイルを明確にし、優位に使う
  • 傾聴スキルを向上させ、それを活用する
  • 認知力の重要性を理解する
  • コミュニケーションスタイルの相違を理解し、自分自身のスタイルを強化する
  • コミュニケーションから生じるストレスの影響を認識し、上手く調整できるようにする
  • 効果的で、パワフルなコミュニケーションをどのように図るかを知り、それを実行するスキルを向上させる

セミナーアウトライン

  1. 認知力の重要性
  2. コミュニケーションスタイルの相違
  3. 効果的で、パワフルなコミュニケーション
  4. 効果的な傾聴スキル
  5. 外交的手腕、機転、信頼性

※上記は参考例です。詳細やカスタマイズのご要望につきましては、ご相談ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

03-3347-9740

月曜日 ~ 金曜日 9:00~17:30

休業日:土曜日・日曜日、 国民の祝日、年末年始休日 (12/29~1/4)